2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

音楽

2008年6月27日 (金)

ライフ・イズ・パワフル

もし今一番好きな映画は?と聞かれたら、同点一位で『ライフ・イズ・ミラクル』と『アンダーグラウンド』です。

監督は2作品とも、サラエボ出身のエミール・クストリッツァです。

前者はボスニア紛争勃発時、ボスニアの山奥で、セルビアと結ぶ鉄道敷設に従事する技師ルカが主人公。徴兵された息子やハンガリー人伊達男と逃げた妻、ルカを慕う若い看護婦らが軸になってストーリーは進みますが、世の中に絶望した自殺願望の強いロバや、あんたはオウムか!と突っ込みを入れたくなる風情で主人公の肩に鎮座する犬など、おかしな動物たちがカギを握っていたりします。生命って素晴らしいと思わせてくれる一本。後者は旧ユーゴスラビアの激動の歴史を、とってもシュールかつ滑稽な物語設定でみせていきます。

両作品とも、というか、クストリッツァ監督作品は、何と言ってもハイテンションだけど悲哀を帯びたリズムの音楽が印象的。監督自らギタリストとして参加している「ノー・スモーキング・オーケストラ」が手掛けています。

・・・で、

行って来ました。

Sn390072_2

チラシでしょぼくてごめんよ・・・。

東京で一夜一回限り、「エミール・クストリッツァ&ノー・スモーキング・オーケストラ」来日コンサート。

実際に身を置いてみないと言葉では伝えきれませんが、とにかく贅肉もご愛嬌のオジチャマたちが、まるまる2時間ぶっとばします。彼らの音楽は独特の疾走感が持ち味ですが、ほんとにステージ上で走りながら演奏している!こんなに動いて何故にメタボ体型が維持できるんだ?どんな食事してるんだ?と、思わず関係ないことが気になってしまいました。生きてるって素晴らしい!と、妙にでっかく感動した。

これから暫く我が家のBGMはノー・スモーキング・オーケストラです。悪いね、妹。

ライフ・イズ・ミラクル ライフ・イズ・ミラクル

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2006/04/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する