2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« インタビューwithディエゴ拡大版@カンヌ店じまい | トップページ | 『テヘラン』@SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 »

2010年7月19日 (月)

『インセプション』

2010年の私のメインイベント、レオナルド・ディカプリオ主演、『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン監督最新作『インセプション』を観る日がやってきました!(そんな女三十●歳、幸せでっす)

しっかしまぁ、ずいぶん斬新だな。

斬新なだけじゃなく、かんなり面白いし。

正直、本編見るまでは「夢に入る」「アイデアを盗む」「潜在意識」なんたらかんたら、蓋を開けたら実はワケの分からん、たいそう退屈な映画だったりして・・・なんて思ってたんですけどね。気持ちよく裏切られました。

ディカプリオ演じるアイデア泥棒コブが、サイトー(渡辺謙)から最後のミッションを依頼されたあたりから(かなり序盤)、観ている側もぐぐぐっと夢を用いたトリックにアリ地獄のように吸い込まれ、何がどうなっているのか分からないまま、ストーリーにぶっすぶっすと引き込まれます。気がつけば上映時間148分なんてあっという間。トリックの渦潮が解けてなくなる尾っぽの部分に、観客をふっとからめたまま放置するラスト!実に見事なプレイです。こんな話、よう考えたなぁ、クリストファー・ノーラン・・・。

夢世界のお話だけあって映像もスゴイのですが、びっくりなのがCGに頼ってないというところ。可能な限り実際に撮影したとか。ちょっとね~「見たか!『アバター』!!」って叫びたくなったね。双方、映像×ストーリーの妙で成功(敢えて『インセプション』ももう成功と言わせていただく)した作品だと思うんだけれど、『アバター』の特徴が「3D×シンプル・イズ・ベストなストーリー」だとしたら、今作は真逆をいったね。猫も杓子も3Dの時代に、ストーリーが巧妙で薀蓄があって面白ければ、まだまだ実写でいけるんだぞ!という。うん、ディカプリオ出演作には評価が甘くなる私ですが、これは本当にあっぱれ!

そして、忘れてはいけません。嫌でも耳に残る緊迫感溢れまくりの音楽が、この作品をより一層面白くしています。正直、やりすぎです。でも、そのぐらいが気持ちいいんです!

インセプション Music インセプション

アーティスト:ハンス・ジマー
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2010/08/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ディカプリオは今作でも、やはり眉間に縦皺で苦悩するのよね~。『シャッター・アイランド』と同じ人物が主人公かと錯覚する(!?)が、それはそれで、決して間違った役づくりではないんだよね、ストーリー的には。けど、きっとまた「いつも芝居が一緒」とかけなす人が出てくるんだろうな~。はぁ・・・。

いま、こういう役をやりたいんだろうねぇ。「紀州の母」を自称する私としては、将来はジャック・ニコルソン路線を歩んでもらいたいと願っているので、そろっそろ強烈なキレッぷりを堪能できる悪役か、コメディあたりを見たいと思っているのですが・・・『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』の詐欺師とか、すごいチャーミングだったしね。まあ、イーストウッド監督の『フーバー』が実現するならば、ここらで再度オスカーを狙ってもらいたい気もしないではないけど。

そして何といっても、ジョゼフ・ゴードン=レヴィットが良い!『(500日)のサマー』のひたすら情けない男の子もなかなか可愛いかったけど、今作ではシャープかつ精悍に変身!一気に注目中の俳優ベスト5くらいに飛び込んできたね、こりゃ。

~・~おまけ For Chinaな皆さん~・~

『インセプション』で脳内レオ祭りを開催した後は、いつものアノ人と、六本木といえば鉄板となったいつものデートコースへ。アウグスビアクラブ。すっかり顔を覚えられている。なぜだ、どうしてだ、そこまで通いつめてないぞ。しかも「いつも仲がよろしいですね」(by店長)って・・・。(←ま、付き合ってますから) ほんと、ここのビールと料理は美味い!六本木ヒルズで映画鑑賞の後にはぜひ!

« インタビューwithディエゴ拡大版@カンヌ店じまい | トップページ | 『テヘラン』@SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ほんと、斬新なアイディア盛りだくさんで、クリストファー・ノーランのアイディアマンぶりを見せつけられました。

ただ、難しいよね-。映画をきちんと観ていないと、どこからが夢で、どこからが現実というのが見ている側も分からなくなるし。これはある程度、頭を使う覚悟を持ってみるべき映画なのかも。でも、その価値はあったと思います。

人の意識を3段階(だっけ?)に分けて奥深く侵入していく。で、時間としてはわずかな時間なんだけど、第1段階のバス落下滞空時間で、見事に第3段階の時間の経過を示していたなー、と。

そうそう、ご指摘のとおり、確かに「シャッター・アイランド」的な要素(特に妻に関すること)もあったよね~。ちょっと錯綜??
そして、ラスト。あぁやっぱりそうか~・・・とも切なくもなり・・・。
そして、同じく、オールバックのジョセフがいいオトコランキングの上位に躍り出ました。んあー!やっぱりメンズ趣味が似てるの~???

複雑だったけれど、なんだか脳ミソの新陳代謝(あんのかそんなもん?)が良くなった気がしました☆久しぶりに、観てよかった~と思えた作品です。

3段階の夢も、それぞれコントロールしている主がいて、それが起きたり、起きなかったりしたら大変!とか。とにかく、作りこまれた脚本でしたねー。

しかし、マリオン・コティアールは「業」の深い女が似合いますね。わたしゃ目頭のくぼみの所に涙が溜まるのを見て、「やっぱ外人ってすげー」なんて変なところで感心してしまいましたが…。

そしてやっぱりきました?!ジョゼフ!!あんな素敵に見えるとは思わなかった~。これからも良いメンズ、語って参りましょう!!(?)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524658/35801668

この記事へのトラックバック一覧です: 『インセプション』:

« インタビューwithディエゴ拡大版@カンヌ店じまい | トップページ | 『テヘラン』@SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 »