2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『重慶ブルース』@まだ引っぱるか、カンヌ | トップページ | 2010年上半期の満足映画ベスト5 »

2010年6月25日 (金)

『天使の眼、野獣の街』

天使の眼、野獣の街』(原題「跟蹤/Eye In the Sky」)をDVD鑑賞。「作りすぎやろ」な感もあるほど量産しているが、決して大きく外さないジョニー・トー監督プロデュースの香港映画です。2007年の第8回東京フィルメックスでは審査員特別賞とってます(ストライクゾーン、意外と広いよねんフィルメックス)。面白いです。「香港行きてー!」な気分になったら、ぜひ。

まず、近頃珍しく邦題が素敵だな、と。追跡するという意味の「跟蹤」と、監視カメラのことを指している「Eye In the Sky」の2つの原題から分かるように、同作は香港映画でよくある刑事モノなんですが、テーマはずばり“監視”。で、この邦題、ですよ。なんか松田優作出てきそうな雰囲気じゃないっすか。

ヒロインは「え、素人さんですか?」と勘違いしちゃいそうなくらい、どこにでもいるレベルのルックスの、いや失礼、初々しい新人女優ケイト・チョイ。彼女が追い詰める、今作でいうところの“野獣”さんがレオン・カーファイで、あの陰鬱そうな文人と、狂人、紙一重の風貌がはまってます。天使と野獣。そう来るか。

あと、ジョニー・トー作品ではお馴染みの食事シーン。その系譜がしっかり受け継がれている点にも注目。登場人物、ひたすら食事しています。さすが、生命力みなぎってます。油といっしょに。

そうそう、レオン・カーファイといえば、一昨年のフィルメックスに審査員として参加されていた時、握手していただいたのですが、信じられないほど手がフワフワ、ヤワヤワでそりゃーあなた、びっくりしました。「スターは水仕事しないんだろうな」とか「マジで箸より重いもの持たないんじゃないの??」とか思いましたよpaper

天使の眼、野獣の街 [DVD] DVD 天使の眼、野獣の街 [DVD]

販売元:ジェネオン・ユニバーサル
発売日:2010/06/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 『重慶ブルース』@まだ引っぱるか、カンヌ | トップページ | 2010年上半期の満足映画ベスト5 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524658/35496720

この記事へのトラックバック一覧です: 『天使の眼、野獣の街』:

« 『重慶ブルース』@まだ引っぱるか、カンヌ | トップページ | 2010年上半期の満足映画ベスト5 »