2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『天使の眼、野獣の街』 | トップページ | インタビューwithディエゴ拡大版@カンヌ店じまい »

2010年6月27日 (日)

2010年上半期の満足映画ベスト5

まだ27日なんだけれど、もう今月映画館に行けそうもないので、早々に今年上半期の独断と偏見によるベスト5を!

1位『闇の列車、光の旅』:光ってました。複雑な社会背景が絡んで主人公らは辛い境遇に置かれているわけですが、大事な部分、訴えかけたい感情を“ぎゅっ”と丸めてメインストーリーの黒子にすることで、作品がブレずに心に響くものになっていたと思います。文章もこんな感じに書けたらいいな、とちょっと思ったりして。

2位『抱擁のかけら』:「このアマ!」的なペネロペ、上手い!

3位『パーマネントのばら』:ラストの菅野美穂と小池栄子のやり取りに泣かされました。にしても高知の港町って、ダメ男しかいないのか?! 好き嫌い分かれるかもしれませんが、“下ネタ隊長”の私としてはパンチおばさんの怒涛のチ○○話に一本!

4位『第9地区』:今ホットな南アで難民はエイリアン。最強。

5位『アウトレイジ』:単純にすごく面白かった。

はい、どうやらスペイン語が近頃「きてる」みたいっす。認めます。

次点:『ハーツ・アンド・マインズ』『息もできない』『シャッター・アイランド』

※時間がたつと思い返したときの“色”というか“影響力”に変化が生じるので、「第1四半期と入れ替わってんじゃん」てところもご容赦を。

そしてそして、言わせてください、番外編!TIFFでご覧になった方もいらっしゃるかと思いますし、日本で一般公開はされてませんが、カンヌへの飛行機内で見た“A Single Man”は傑作!っていうか、我がコリン様的に傑作!だって、あのマーク・ダーシーが・・・。あの、『マンマ・ミーア!』のちょい情けないオッサンが・・・ものすんごくスタイリッシュ!まあ、監督のトム・フォードの手腕によるものだと思いますが、あんなコリン・ファース、ちょっと見たことありません。日本公開されないかな~。

« 『天使の眼、野獣の街』 | トップページ | インタビューwithディエゴ拡大版@カンヌ店じまい »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
「シングル・マン」は、10月2日から、日本で公開されます。
新宿バルト他、全国公開だそうです。
TIFFから、ほぼ一年ぶりにスクリーンで見られそうです。

コメントありがとうございます!
「秋が似合う映画だ」と思っていたので、
10月公開なんて益々嬉しいです。

日本語字幕で改めて見てみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524658/35525794

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年上半期の満足映画ベスト5:

« 『天使の眼、野獣の街』 | トップページ | インタビューwithディエゴ拡大版@カンヌ店じまい »