2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« オヤジ検体試験中 | トップページ | 『プレシャス』 »

2010年4月29日 (木)

1~4月のMyベスト映画。

いくつかたてたユルい年始の誓いのなかに、「今年こそ観た映画と感想をメモするぞ」というのがあったんです。もともとそんなに本数を観る方でもないくせに無精者なので、「ユルく、ユルく。半年や年間は大変だから、四半期ごとくらいにベスト5を決めて・・・」などと考えておったのですが、いつの間にか世間はG.W.じゃあないですかsweat01最初で最後かもしれませんが、1~4月に劇場で観た作品の私的ベスト5を考えてみました。大陸その他にいらっしゃる朋友の方々、DVD買う時の参考になれば幸いheart02

今年はなんだかね~年初から精力的に映画館に足を運ぶ気力が湧かず、“MUST”と思ってチェックした作品は無いんですよね(あ、『アバター』そうだわ)。すべて“WANT”で。なので、大きく期待を外したものはなかったです。

そんななか、大きくK点を越えてがっつり心を鷲掴んできてくれたものが1位です。

1位『第9地区』:「難民はエイリアン」だと歌の歌詞みたい(?)だし、「難民がエイリアン」だとまた妙にキャッチーup。この設定、この発想。かなりハイテンションにさせてくれました。観た人には分かる、“クリストファー”ってどうやねん・・・。

2位『抱擁のかけら』:ベッドで死んだ(ふりをしている)爺さんの横に座り、しらけた顔でタバコをふかすペネロペの表情に心の中で拍手喝采。敬愛する独女ならぬ毒女の皆さま、必見。

3位『息もできない』:監督は「自分と父親との関係を反映させた」作品だと言っておられるが、どんだけ凄まじい状況ですか?!と突っ込みたくなること必至。女子高生の目ヂカラにやられます。

4位『シャッター アイランド』:あの陰鬱さ、湿っぽさ、わざとらしいまでのエキセントリックさ。誰がなんと言おうと、私にはストライク。

5位『NINE』:「勿体無い」「ムダ遣いだ」くらいの勢いで“贅沢”な“ミュージック・ビデオ”。とにかく歌って踊るネエチャンが好きなのよ。『81/2』と抱き合わせでどーぞ。

次点:『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』←意外?だって、一番、泣いたんだもの(byみちゅお)。『ハート・ロッカー』←あの緊張感、ですよね。『渇き』←吸血鬼モノを本気のドラマにしちゃう韓国映画人ってすごいわ・・・。

2010年滑り出しはあんまり本数を観られなかったので、今年の中盤戦は、まずは肉を食らって英気を養おうと思います(←多目的だな)。

« オヤジ検体試験中 | トップページ | 『プレシャス』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

なるほどね、1位「第9地区」は激しく同感。わたしも現時点ではこの映画がベストなので。
ただ、昨年の今頃までには「ベンジャミン・バトン」とか「グラン・トリノ」とか「チェンジリング」などかなり心に響く作品がわんさか出ていたのに、今年はまだあまりないな~。去年が良すぎたのか、今年が不作なのか・・・。
そういやあ先日熱愛が発覚した大森南朋の「スイートリトルライズ」は圏外なのね。

今年はなんだか小モノが多いというか、「見応えあった~」っていうのがないんですよね。ま、私は去年の今ごろも「チェ」ぐらいしかぐっときてなかったんですが。(←なぜか「チェンジリング」が一切記憶から削除されている。良かったとは思ったのに・・・)

「スイート・リトル・ライズ」は南朋様へのポイントで「ハート・ロッカー」の次くらいでしょうか。すごい原作の雰囲気を濃厚に映像化していて良かったとは思うのですが、ばっちり語り尽くしすぎると大変恐ろしい話だということがビシビシ伝わってきて重すぎたので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524658/34443993

この記事へのトラックバック一覧です: 1~4月のMyベスト映画。:

« オヤジ検体試験中 | トップページ | 『プレシャス』 »