2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月28日 (日)

中国女優なら周迅です!

いま、DVDでぼちぼちと08年の中国映画「Painted skin」を観ているんですが、「やっぱり中国の女優では周迅(ジョウ・シュン)がピカイチだよな~」と思っているところです。

同作のタイトルは“人の皮を使って化ける”妖術のことを指していて、歴史の時間で習いました、清代の怪奇小説集「聊齋志異」をベースにしています。ここで彼女は妖怪を演じているわけですが、もう、共演のヴィッキー・チャオがかすむかすむ!なんか物の怪のような(ま、そういう役ですが)ものすごい存在感です。

海外では俄然チャン・ツィイーが有名で、ヴィッキー・チャオも次いでそこそこかな~という感じですが。ルックスに加え演技力は抜群、中国国内の評価は断然、周迅が上かと思われます。

彼女の出演作で、初めて日本で上映されたのは『始皇帝暗殺』(97年)だったんですね。敬愛する(中国っぽい言い回しだ・・・)チャン・フォンイー扮する荊軻が、ある百姓一家を皆殺しにするシーンで一人生き残った少女を演じていました。非常に短い登場シーンなんですけど、すごいインパクト。あれは大学生のときでしたか。京都の映画館に友達と一緒に見に行って、上映終了後に開口一番「あの子だれ??」と盛り上がった記憶があります。

ただ、チャン・ツィイーみたいな強欲女(失礼。あくまでイメージ)ではないので、海外配給されるような大作が少ないのよね。最近、日本公開された主演作は『ウィンター・ソング』(05年)くらいだもん。昨年は「李米的猜想」で中国版アカデミー賞(金鶏賞)主演女優賞をとってたり、絶好調なんだけど・・・。やっぱり“カンフー・アクション”しないと海外では難しいのかしら?彼女も舞踊学校出身なのでやればできると思うのですが、それだけは止めていただきたい。微妙ですわ。

というわけで、支離滅裂ではございますが「チャン・ツィイーより周迅で!」。それが言いたかっただけ。

ふたりの人魚 [DVD] DVD ふたりの人魚 [DVD]

販売元:アップリンク
発売日:2004/03/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ロウ・イエ監督の出世作『ふたりの人魚』(99年)。こんな小悪魔っぷりが周迅の“売り”です。昨年11月のフィルメックスでロウ・イエ監督が来日された際、新作をひっさげて来てるってのに、「『ふたりの人魚』が一番好きです」とかいう若干失礼な挨拶をしてしまった私・・・。

2010年3月23日 (火)

『パリ20区、僕たちのクラス』

3月18~22日に六本木ヒルズで行われていたフランス映画祭。なんだかまったく盛り上がってませんでしたが、2008年のカンヌでパルムドールをとった『パリ20区、僕たちのクラス』を観てきました。

で、感想を巴里映画さんの公式ブログに書きました。どぞ。たらいまわしです。

しかし、会社様のブログに書くとなるとふざけられないので、文章にいささかキレがない気が……ご容赦を。

上映&ティーチインの後、ヒルズ内に開設されてたフレンチ・カフェで監督のサイン会があり、そちらにもしっかり並んできました。そして自ら率先して握手を求めたわたくし。「パルムドールの手だぁ~」と興奮(←意味不明)して思わず両手づかみ。

でもフランス映画祭は寂しいね~。観客の方にも「映画祭だ!」という気迫が希薄だから(ギャグではない)、客席で丼ぶり食ってる奴とかいるし。来年はどうなるんだろう。

2010年3月21日 (日)

『NINE』

先日、陽気でおバカなラテン・ムービー『ルドandクルシ』を観た際に、「私たちには踊りが足りないと思うの」(『スイートリトルライズ』の中谷美紀風で←しつこい)と悟ったわたくしと同志・T女史。遺憾ながら自分で踊ってるヒマはないので、ムッチムチでぱっつんぱっつんの美女が踊ってる映画『NINE』を観てきました。ええ、そんな理由です。

まずは、なに?今年で76歳?!ソフィア・ローレンの驚異的なナイス・プロポーションと皺ひとつないお顔のコワさ美しさに圧倒されます。

オリジナルのフェリーニの『8 1/2』(1963)は、観ていた方が比較ができるという点で色々と面白いかもしれませんが、もう『NINE』はこれはこれでミュージカルとして楽しんじゃった方がよろしいのではと思います。『8 1/2』って、主演のマルチェロ・マストロヤンニの愛嬌のある魅力も手伝ってわりと軽妙に進んでいくけれども、結構内省的な、特に後半は心理描写がすごい映画じゃないですか。『NINE』にあれを求めてはダメかと。←ダニエル・デイ=ルイスでされても怖いし。(ただ、イタリア人の宗教観は予習しといた方が楽しめるかと思います)

ミュージカル化してしまったのならば、パーンと美女の熱唱&ダンスで楽しませてもらってheart02(おっさんかよ)ドラマのところはダニエル・デイ=ルイスにがんばって苦悩してもらう、と。しかし、どうしても彼がイタリア人に見えないところが最大の欠点かしら。

女優陣はお見事です。もうペネロペの色っぽさは想定の範囲内に掛ける1.2倍くらいなんだけど、ファーギー!!正直演技という演技はしてないっす。でも、あのグイドに“おとなの女とは何ぞや”を教えた迫力のパフォーマンス。さすがです。

NINE Music NINE

アーティスト:サントラ,マリオン・コティヤール,ダニエル・デイ・ルイス,ファーギー,ノイゼッツ,ケイト・ハドソン,グリフィス・フランク,ペネロペ・クルス,ジュディ・デンチ,ソフィア・ローレン,ニコール・キッドマン
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2010/03/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2010年3月14日 (日)

ウィーン少年合唱団で

「ウィーン少年合唱団で性的虐待か」というニュース。→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100314-00000014-sph-soci

う~む。あってもおかしくない。まるで『アナザー・カントリー』Jr.版だわよ……。だってこんな可愛い男の子たちが厳格な規則のもと、共同生活しているのでございますから。

Photo_2 要はこれ載っけたかっただけ?とか言わないように。(モザイクの下はすごい嬉しそうな顔しているワタクシ)

2010年3月13日 (土)

『スイートリトルライズ』

待ちわびてたlovely

中谷美紀×大森南朋主演の『スイートリトルライズ』が封切られました。南朋サマ&江國香織小説のファンとしては、もちろんスケジュール帳に赤丸チェック。しかし、あろうことかシネマライズでの初日舞台挨拶の前売り券を買いそびれてしまったのよね~。でもでも、気を取り直して、こちらもご贔屓の池脇千鶴ちゃんと矢崎仁司監督が登壇する舞台挨拶付きの上映を見てきました。

テディベア作家の妻(中谷)とサラリーマンの夫(大森)は結婚3年目。周囲からは理想の夫婦と言われているが、実は随分前からセックスはない。家の中ではまともな会話もなく、旦那は自室に鍵をかけてゲームばかり。独特のテンポと雰囲気を持つ妻は、どうも「現実感が希薄」(夫曰く)。そんな2人がそれぞれ不倫の恋に堕ちていく・・・という話。

静か~で、ジトッとしていて、どよ~んと重い感じですが、嫌いじゃないです(←出演者がお気に入りだから、というわけではなくて)。直前にパク・チャヌク監督の『渇き』を観て気持ち的に相当ダークサイドに堕ちた後だったから、「わお、綺麗なエイガ~heart02」と盛り上がっちゃった感もなくはないですが・・・。原作の透明感があって、かつ、狂気と死臭を孕んだ世界観がよく表現されているなと。とりわけ、中谷美紀がブッサブッサとベアに針で目玉を付けていくところ、ぞくっとします(うふっ)。原作では、夫が確か「家にあるテディベアが怖い」みたいなことを言っているんですよね。映画ではセリフ等に出てきませんが、そんな雰囲気もよく表れていて上手い。

江國香織の小説は、一見ふわふわ美しいイメージなんだけれど、実は相当不気味なのです。正直、登場するキャラクターに共感できないことが多いのですが、江國さん、実は相当頭のなか真っ黒なんじゃないかと睨んでおります。だから共感できなくても良し。映画を観ていただくと分かると思いますが、あんな妻、悪いけど私が夫でもかなり面倒臭い。原作の不穏さと監督の変態気質が絶妙にマッチした作品かと思われます。

矢崎監督は『ストロベリーショートケイクス』でも女の子たちの生態をグログロに(「繊細に」と表現してある映画評が多いが、世の男性が見たら幻滅しそうな映画だから敢えてこう書く)描いていて、かなり高い変態指数を叩き出していました。好きです。

で、本日の舞台挨拶に登場した池脇さん。可愛い~heart01顔がふっくらしてるせいか、28歳にぜんっぜん見えません。まだ2年はセーラー服いけそうでっす。

っていうかこの映画、全体的にメインキャストがみな年齢不詳なのよ。原作によると主役夫婦は20代後半。しかし中谷美紀はR35世代ですよね。大森南朋は40手前でしょ。で、大森南朋の後輩(不倫相手)の池脇さんはアラサーだけど超童顔で、中谷さんの不倫相手は恐らく年下の設定なんだけど演じる小林十市さんは40超えてるもんね。まあ、観ていて不自然ではないからいいのだけど、中谷美紀のお肌の綺麗さはすごいわ~wobbly顔にニス塗ってるみたくピカピカしてんの。どんなスキンケアしてるんでしょーか?!

あと、やたら半裸率の高かった小林十市さん。元バレエダンサーですが、自称・裸体チェッカーの私としては、ちょっとダメな感じでした。どうダメ、とは言いにくいのですが・・・別にマッチョじゃなくても、細マッチョじゃなくても、黒光ってなくても良いのです。しかし、何かがダメなんだよな~。“同胞”の方、もしご覧になられたらご意見聞かせてください!

スイートリトルライズ オリジナル・サウンドトラック Music スイートリトルライズ オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ
販売元:BMG JAPAN Inc.
発売日:2010/03/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

さらっと流しましたが、今日もう1本観た『渇き』。大変ハードでした(汗。痛い痛い痛い。しかし、あのソン・ガンホが真っ向、二の線でヴァンパイヤになる神父を演じてちゃんと官能的!かっこよく見えるじゃん!!『オールド・ボーイ』といい同作といい、パク・チャヌク監督の、突飛な話をキワモノ映画一歩手前でねじ伏せるパワーは凄いな~と思う。

2010年3月11日 (木)

続報『ルドandクルシ』

先日書いたメキシコ映画『ルドandクルシ』の感想。そこで主演のガエル・ガルシア・ベルナルがいっちゃっている劇中歌のPVについて触れたと思いますが、同伴(?)した某女史、ラテンLOVEの某女史がきっちり復習してくれておりました。Thanks&グッジョブgood

なんと、「Yahoo!映画」という何ともメジャーなところから件の動画が見られたということなので・・・からどうぞ!

http://www.youtube.com/watch?v=fKZAWvs9qpY

絶対「売れる気ないやろ?」っていう激しくダサいこのPV。ところがどっこい、メキシコではヒットチャート第1位に躍り出たというはなし。さすが。やったモン勝ちやな。

2010年3月 7日 (日)

『ハート・ロッカー』

うまい!うまく作ってるな~、キャスリン・ビグロー監督。良くも悪くも。

米アカデミー賞で「『アバター』と一騎打ちか」と言われておる『ハート・ロッカー』、明日の発表前に観られて良かったです。good最初から最後まで目を離す隙もない緊迫感が続く映画で、まさにイラク戦争の最前線で繰り広げられる知られざる死のドラマ。それを描いたという点では、問答無用で「オスカーはこれにお願い!(『アバター』嫌いやし)」と言いたくなります。一方、この主人公はやっぱり米国的に見て“ヒーロー”なんだよな~と、微妙な気持ちにもさせられます。

観る前までは、『プラトーン』が公開された時にように、今後イラク戦争やアフガン攻撃のエグイ現実を描いた映画がどんどん作られていくのかしら?それこそアカデミー賞作品賞なんか獲っちゃった日にゃ・・・と思ってたんだけど、「それはちょっとナイかな・・・」と考えを改めたりして。

『ハート・ロッカー』は高い評価を得ました(興行的にはイマイチだった模様ですが)。でもそれは、ビグロー監督がリアリティー、緊迫感、信憑性、生死を賭けて任務に就く米兵の姿の“一部”をうま~く、うま~く映画にしたからだと思う。これがもっとバカ正直にイラク人に対する蛮行、民間人への無差別攻撃なんかも取り上げていたら、いまの米国では誰も見に行きゃしないでしょう。同作はイラク戦争もので成功した非常にレアなケースなのだと思われる。

でも、戦争映画に間違いも正解もないですから。『ハート・ロッカー』がたとえすべてを描き切れていなくても、或いは一部の米国人をミスリードする危険があるとしても、これはこれで凄い作品です。

冒頭、“戦いの高揚感はしばしば致命的な中毒となる。戦争は麻薬だから”という、ピューリッツァー賞受賞のジャーナリストの言葉が引用されます。「おいおい、命かかってんだよ。中毒で片付けんなよ~」と、思わずつっこみたくなりますが、2時間ばかり見ていくとある現象が。一時任務を終えてマイホームへ戻る米兵の様子がしばらく描かれるんですけど、心の中で「かったりーな、早くイラクの戦場(シーン)へ戻れよ」と思っている自分がいたりするcoldsweats02死と向かい合わせの緊張の連続に、すっかりのめり込んでいる私(←性格が黒いだけ、とか言わないように)。米国人男性に生まれなくてよかったと思いますっ。

オスカー、そしてキャメロンVSビグローの元夫婦対決、どうなるかな~。両方見た後では、ますます予想し難くなってしまいました。

キャメロン本人に深い意図はなかったとしても、「米国人は自らを侵略者と認めているとは素晴らしい!それに比べてうちの政府は・・・」と中国でも絶賛(?)されているという『アバター』か(by北京在住の知人情報)、イラク戦争最前線の米兵をヒーローにしちゃってる『ハート・ロッカー』か。こう書くと微妙だ・・・。う~ん、やはり言われているように作品賞は『アバター』で、監督賞は女性初のビグローってとこかしら(残念)。

2010年3月 6日 (土)

『ルドandクルシ』

~(いまのとこ)今年ぶっちぎり№1のダメ男ペア~

ぶらぼー。

『天国の口、終りの楽園。』で、笑えるレベルを超越し、呆れてしまうおバカな(それが可愛いという意見もある)少年名コンビを演じたガエル・ガルシア・ベルナル×ディエゴ・ルナが、よりダメ男っぷりに磨きをかけて再びダブル主演している『ルドandクルシ』を見てきました。ダメ男、いや失礼、ディエゴ・ルナLOVEheart01の某女史と一緒に。いや~、予想はしていたけれど、アホでいいね~sun

メキシコの田舎のバナナ園で働くオトン違いの兄弟(ガエル&ディエゴ)はサッカーが大好き。ある時、スカウトの目にとまり、2人ともメキシコ・シティのチームに入ってセレブになっていくんですが・・・。タイトルの「ルド」というのはディエゴ君演じる兄のあだ名で、「タフ」という意味。一方、「クルシ」は弟のあだ名で「ナルシスト」という意味なんだけれど、もうタフとナルシストが揃っておバカなので、その救いようのなさは分かっていただけるか、と。

ルドの方はギャンブル大好き男で、そのうち大変な額の借金を抱えるように。クルシはお色気ムンムンの美人TV司会者との恋に夢中でプレーの方は絶不調。ついでにクルシは「俺は歌手になる」という大志(?)も抱いており、一時の人気に乗じて歌とPVを発表するのですが、そのPVが超見モノです。「ガエルよ、“メキシコのアイドル”も終にここまできたか」という感じ。DVD売ってたら買います、はい。

と、終始ハイテンションなやり取りで(メキシコってそうなのか?!)、いつだって下ネタ全開で(メキシコってそうなのか?!)、ゆる~くおおらかなストーリー展開で(2人の境遇はかなりシリアスよっ)で、十分笑わせてくれるけれども落とすところはしっかり落とす。つまるところは、2人はオトンが違っても(=いくらオカンがビッチでも)、いや、ひょっとしたら他の兄弟姉妹のオトンも全員違っても、皆お母ちゃんが大好きで、家族を愛してるんです。そこに帰結するんです。なんやかんや大騒ぎ、無意味なくらい大騒ぎしても、結局は愛!いいね~ラテンやね~(←書いてる本人意味不明)notes

ガエル×ディエゴのコンビ、2人そろってヴェネチアでマルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人賞)を受賞した『天国の口、~』の時もそうでしたが、一緒に戯れているシーンが地でやってるように見えて仕方ありません。それもそのはず、子どものころから幼馴染で、一緒に芸能界に入り、05年には映画製作会社をともに立ち上げております。ディエゴ君なんて、ほんままだムチムチ初々しかった頃のロモーラ・ガライと踊りまくっていた『ダンシング・ハバナ』といい、ショーン・ペンの彼女(?)やってた『ミルク』といい、すっかりダメ男キャラがはまってしまっておるのですが、本当は母国メキシコの貧しさや映画産業について真面目に考えるしっかりした青年なのであります。パパやしね。

んで、密かに楽しみにしているのが、おバカは仮面、素顔は社会派のガエル×ディエゴがともに製作総指揮に携わった初夏公開予定の映画『闇の列車、光の旅』です。米国への不法移民やギャングの存在、中南米の厳しい現状を描いたロードムービーとのことで、既にサンダンス映画祭などで高い評価を得ています。

ラテンが熱いです。長々と書きましたが、何やら胸騒ぎを覚えた方、とりあえず『ダンシング・ハバナ』、いっときましょう。

ダンシング・ハバナ [DVD] DVD ダンシング・ハバナ [DVD]

販売元:エイベックス・トラックス
発売日:2005/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんだか近頃「黒い」私と、「深い部分から疲れている」という某女史。このご機嫌なラテン・ムービーを見るにあたり、「わたしたちには“踊り”が足りないと思うの」(中谷美紀風で願う)ということで意見が一致しました。そのうち踊りだすかもしれません。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »