2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『バレンタインデー』 | トップページ | 『ニューヨーク、アイラブユー』×這い上がる女 »

2010年2月21日 (日)

ハリー・ポッターと秘密の夜

もちろん、そんな新作タイトルありません。

いやね、私はファンタジーって大の苦手なんです。なんせ、物心ついた時には「うちは浄土真宗やからサンタクロースなんかけぇへんで。そもそもあんなもん、百貨店の陰謀や」と教育される夢に溢れた家庭で育ちましたから。

で、この延々と続く『ハリー・ポッター』シリーズも第1作目から食指が動かず(っていうか、何度かトライしたけどことごとく寝た)、新作が公開されるたびに「もー絶対無理っ」って興味が限りなくゼロに近づいていたのです。が、しかし。シリーズも今年11月には最終作の前編が公開になるということで、このたび、やっぱ映画史に残るファンタジーの金字塔だし、見とかにゃいかんかな~と思い立ちまして。己への「ノルマ」「足かせ」「鉄下駄」として毎日ちょっとずつ見始めました。夜の連続テレビ小説状態でもこの際いいかな・・・と。

んだば、あら、結構面白いじゃないheart01

まだ3作目の『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』をやっと見終わったところなんですが、密かに宵のひと時、「ハリー・ポッター」と過ごすことが日々の楽しみになりつつある今日この頃。

しかし、枯れきったお肌の潤いを気にしてコラーゲンドリンクを飲みつつ、毎夜「ハリー・ポッター」を観る三十路女もいかがなものかと思われる。

ま、とりあえず言いたかったのは「食わず嫌いはいけないね」ってことで(しかし、ファンタジー嫌いは健在よ)。

« 『バレンタインデー』 | トップページ | 『ニューヨーク、アイラブユー』×這い上がる女 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

なんちゅう日記やねんwobbly
ほんとに名前、やさぐれぱんだに変えなきゃアカンなこりゃ(笑)

その勢いで、ぜひ「スターウォーズ」にもチャレンジを。
SWは全6作だから、ハリポタをクリアできれば軽いはず!

>ブランデーグラスさん

やさぐれていようがいまいが、なかなか楽しい毎日でございましてよ。これはこれで。ムフッ。

>いのさん

スターウォーズも勢いに乗ってる間に観た方がいいですよね~きっと。最近思うのは、子どもの頃全然ダメだったけど、ひょっとして大人の今の方が面白がれてるんじゃないかってことです。軽く「赤ちゃんがえり(←きしょっ)」です。

ポッタリアンの私としては、まるぱんださんのポッタリアン化は嬉しい限り。
原作も全部読み、映画も全部見ている身としては、最終章の公開を満を持して迎えたいものです。
ちなみに一番のお気に入りのキャラは、3作目から出てくるシリウス・ブラックです。ゲイリー・オールドマンもイメージにぴったり!
まあ、原作ファンとしては映画ではカットされてしまった好きなキャラもわんさかいるけどね。

>tommyさん

そうそう、ゲイリー・オールドマン!俄然テンションが上がってきたのいはシリウス・ブラックが登場してきたからなんですっ。キレたゲイリーもいいけれど、魔法使いオジサンもなかなか。今後の展開が楽しみです(←すっかり仲間入り)。

スターウォーズはup to dateで全作見てるし、「指輪物語」は原作からのファンだし、「ナルニア」も原作は全部読んでいる(が、私は指輪派)ファンタジー好き。
けれどハリポタは原作の一冊目を読んだだけ。映画で十分だと思う。しかし、大きくなったよねぇ、ラドクリフ君。しみじみ。

>ゆま先生

いやはや。『E.T.』の代わりに『激突』を、『ネバーエンディング・ストーリー』の代わりに『タワーリング・インフェルノ』を繰り返し見せられて育つと子どもとしては失敗作になるようです・・・。
『ロード・オブ・ザ・リング』はヴィゴ見たさに見てます。ナルニアも1作目はタムナスさん目当てに見ました。好みの男性が出ていれば、ファンタジーにも4回転ジャンプのごとく果敢に挑戦いたします。
ラドクリフ君、舞台で全裸になったときには「おっとギャランドゥーか?!」と衝撃を受けましたが・・・。ハリポタ・シリーズ終了後の活躍が楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524658/33469059

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッターと秘密の夜:

« 『バレンタインデー』 | トップページ | 『ニューヨーク、アイラブユー』×這い上がる女 »