2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

『ニューヨーク、アイラブユー』×這い上がる女

絶好調の時は『キャタピラー』(夏公開)みたいな映画も能動的に見に行く気になるんでしょうけど、若干の停滞期にはこういうアンサンブル映画が気軽でよいですね。『ニューヨーク、アイラブユー』。

しかし、おいらの苦手なブラッドリー・クーパー(ぎらぎら犬)、また出てます!ってか、『そんな彼なら捨てちゃえば?』といい、『バレンタインデー』といい、この手の恋愛群像劇のレギュラーか、君は!!(←その他の映画で見た記憶がちょっと無い)

この『ニューヨーク、アイラブユー』、世界各国の11人の監督が、ニューヨークを舞台にさまざまな出会いや愛のかたちを紡いでいくわけですが、うま~く1本にまとまっているところが人種のるつぼ、「That'sNY」という作品になっております。どうしても『ラブ・アクチュアリー』と比べてしまって物足りないんだけどね~。まあしゃ~ないわ。好きなんだもん、『ラブ・アクチュアリー』。

注目されるところとしては、岩井俊二監督によるオーランド・ブルームのパート(アニメが登場するあたり、「日本のカルチャー」を意識してるんでしょうか・・・)と、ナタリー・ポートマンの初監督作となるセントラルパークを中心にしたパートよね(セントラルパークって中国語はまんま「中央公園zhong1yang1gong1yuan2」なんだよね。以前旅行で行った感想を中国人友に聞かれたとき「はい?」って聞き返しちゃったさ。景山公園や天安門広場と親戚みたいやん)。

しかししかし、ここは敢えてスー・チーに注目していただきたい。すっぴん(或いはそう見えるナチュラルメイク)のどアップで、カメラ=観客をうつろな眼差しで見据える女。もうそんなピチピチのお嬢さんじゃないけれども、自然に「あんた、あっぱれだよ」という気持ちが湧いてきました。

スー・チー。彼女、同じように経済的に裕福な家庭でなかったビビアン・スーとほぼ同時期に台湾でセクシー・アイドルとして注目され、同じようにヌード写真集を出し(スー・チーはセミヌード、ビビアンはヘアヌード。余談)、日本人受けするルックスを武器に日本に飛んだビビアンとは違い、あっけらかんとノーマルな作品(?)でじAV女優を演じて好評を博すなど肝っ玉の据わったチャレンジでAV女優的位置づけからキャリアアップ。カンヌ常連の国際派女優へとのし上がってきた大した女性です。

『ニューヨーク、アイラブユー』の漂うような、それでいて鋭いスー・チーの目を見ていると、「這い上がってきた女はつえ~な~」と妙に感動してしまいました。そしてここ数日、日韓両国が熱狂している女子フィギア。なにげに私はキム・ヨナ派なんですが(真央ちゃんも素晴らしいけど)、かつては経済的余裕もなく、練習環境も整っていなかったヨナさんが、まさに家族を犠牲にして(もちろん家族が望んだことなんだけれど)、努力と図太い精神力で頂点に這い上がって女王の座についたバンクーバーで見せた無敵の眼差しに相通じるものがあると思いました。(←真央ちゃん、やっぱりどっか「恵まれた可愛らしい女の子」なんだよね~。ふわふわしたお姉さんのイメージも影響しているのか?)

そうそう、中国組では姜文も監督として参加してます(へイデン・クリステンセン×アンディ・ガルシアんとこね)。

姜文監督作『鬼が来た!』

鬼が来た! [DVD] DVD 鬼が来た! [DVD]

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2002/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2010年2月21日 (日)

ハリー・ポッターと秘密の夜

もちろん、そんな新作タイトルありません。

いやね、私はファンタジーって大の苦手なんです。なんせ、物心ついた時には「うちは浄土真宗やからサンタクロースなんかけぇへんで。そもそもあんなもん、百貨店の陰謀や」と教育される夢に溢れた家庭で育ちましたから。

で、この延々と続く『ハリー・ポッター』シリーズも第1作目から食指が動かず(っていうか、何度かトライしたけどことごとく寝た)、新作が公開されるたびに「もー絶対無理っ」って興味が限りなくゼロに近づいていたのです。が、しかし。シリーズも今年11月には最終作の前編が公開になるということで、このたび、やっぱ映画史に残るファンタジーの金字塔だし、見とかにゃいかんかな~と思い立ちまして。己への「ノルマ」「足かせ」「鉄下駄」として毎日ちょっとずつ見始めました。夜の連続テレビ小説状態でもこの際いいかな・・・と。

んだば、あら、結構面白いじゃないheart01

まだ3作目の『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』をやっと見終わったところなんですが、密かに宵のひと時、「ハリー・ポッター」と過ごすことが日々の楽しみになりつつある今日この頃。

しかし、枯れきったお肌の潤いを気にしてコラーゲンドリンクを飲みつつ、毎夜「ハリー・ポッター」を観る三十路女もいかがなものかと思われる。

ま、とりあえず言いたかったのは「食わず嫌いはいけないね」ってことで(しかし、ファンタジー嫌いは健在よ)。

2010年2月14日 (日)

『バレンタインデー』

バレンタインデーに『バレンタインデー』を一人で見に行く。それは愚行であったことに、劇場の座席についてから気がつきました。

言うまでもないことですが、カップルだらけでした。私、埋まりました。

日曜でTOHOシネマズデーだったから、とりあえず見てない映画を潰しておいたのだが、大事なことを忘れていたbearing後方から「一人で今日これ見に来るの、ちょっとイタいよね~heart04」という声が聞こえた気がしたが、幻聴だったのであろうか(いや、幻聴でない=反語)。

一人で吉野家にも回転寿司にもビアホールにも入るが、それが何か?よほどのイベントがなければ国内外問わず旅行は一人で行く、いや、むしろ一人じゃないと嫌ですがいけませんか?

と、まぁ出だしから話がそれましたが、『プリティ・ウーマン』を撮ったゲイリー・マーシャル監督の新作『バレンタインデー』。ロサンゼルスを舞台に、2月14日に繰り広げられるさまざまな恋愛模様を描いた群像劇。ジュリア・ロバーツ、アン・ハサウェイ、ジェシカ・アルバら人気女優や、アシュトン・カッチャー、パトリック・デンプシー、さらにベテランのシャーリー・マクレーンまで出演陣が非常に豪華です。とりあえず、デート向きっす。多分。

これを見てどうしても比べてしまうのが、好きな映画ベスト5に入るくらい大のお気に入りの作品、『ラブ・アクチュアリー』。数十回見てます。見ると何だか元気になります。踊る英国首相とか、可愛い少年が空港で疾走するクライマックスに絡む全裸のビル・ナイとか。我がコリン・ファースの間抜けなポルトガル語も聞ける。『バレンタインデー』はね~、なんというか、ハズしきれなかった『ラブ・アクチュアリー』って感じなんですよね。「うわ、えっらい小っちゃくまとまったなぁ~」みたいな。見ていただけると分かると思いますが。

もう、いつお一人で行っても大丈夫だと思います。

ただ、3月14日のTOHOシネマズデーも外した方がいいかもしれません。念のため。

ラブ・アクチュアリー 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD] DVD ラブ・アクチュアリー 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

販売元:UPJ/ジェネオン エンタテインメント
発売日:2009/07/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2010年2月 4日 (木)

運命のリング。なの?

同じく北京引き揚げ組の同僚のブログと(勝手に)コラボ企画です。いや、単に書くのが面倒だっただけです、はい。mixiから来てくださった方は、たらい回しにしてスミマセン(^-^;

http://blogs.yahoo.co.jp/himesama56/60886015.html

ブログタイトル「中国で遊ぼ♪」。陸上で鍛え上げた鋼の肉体と精神力で撮りためたトイレネタが秀逸のサイトです。(←宣伝したったがな)。

それより、同僚=女とのペアリングで興奮している場合ではありません。

ちなみにこのリング、中心部分にチベット文字でお経が書いてあって回転するようになっており、一回まわせば唱えたことになる、みたいなやつです。ラマ教信者ではありませんが、まわるので、いつも無意識にまわしちゃってます。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »