2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『リミッツ・オブ・コントロール』 | トップページ | ナマ大森南朋はえらくカッコよかった »

2009年10月14日 (水)

『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』

~この女。強く、美しく、そしてコワイぞ~

自分にはちょっと理解できないのですが、いわゆる「ダメ男」好き女性のあなた!ちょっとこの映画見て感想聞かせてよね(←誰だかお分かりね?)。

太宰治の短編小説「ヴィヨンの妻」(この小説もオススメ)をベースに、さまざまな小品のエッセンスも盛り込んで練り上げたストーリーだという『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』。いや~、これまで特別美人だとも思わなかったけど、松たか子がべっぴんやね!やっぱ和装が色っぽくてええですわ。(←オヤジ化劇的進行中)

妻と息子をほっぽって、いつもツケで飲み歩き、終いに盗みまで働くダメ亭主。才能があって売れっ子小説家ではあるんだけど、外に女が何人もいる仕様がないダメ夫。挙句、女と心中まで図るが、結局死ねないダメ男。そんな太宰自身がモデルとも言える「ダメ」のオンパレード男を深~い愛で許し、受け入れる妻・佐知(松さん)が主人公です。この妻、あっぱれです。でも、「できた嫁はん」というより、「この女、一体いくつの顔を持っているの?」と思わさせて恐ろしい・・・。

とても素直で貞淑な女ではあるのですが、“自分の女としての価値”もちゃんと心得ていて、その使い方も知っている。亭主のセリフに「俺は佐知が一番怖い」という一言が出てくるのですが、この賢い女に秘められたブラックホールのような底の見えない“深み”みたいなものを示唆しているような気がします。

一方、私が上から見ても下から見ても横から見ても好きになれない広末涼子が亭主と一緒に心中を図る愛人を演じているのですが、複雑そうに見せておいて実はとても軽薄な印象を残すこの女の役によくはまっています(←褒め言葉)。

まあ、結局どっちの女もあんまりお手本にはしたくありません・・・。

ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~オリジナル・サウンドトラック Music ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:吉松隆
販売元:BMG JAPAN Inc.
発売日:2009/10/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 『リミッツ・オブ・コントロール』 | トップページ | ナマ大森南朋はえらくカッコよかった »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あー、誘ってくれればよかったのにぃ!邦画は滅多に映画館で観ないのですが、「(仮)太宰ファン」としては行かねば。

広末涼子に関する記述に同意です。

「(仮)太宰ファン」って何?(仮)って??
でも、る。嬢にご賛同いただけて光栄だわ。

好きには決してなれない映画だけど、なかなかよく出来た映画じゃないかなって思った。男って普段は社会人としての体裁をなんとか保っていてもまあ蓋を開けてみたらだいたいこんなもんっすよ。ジョン・ウェインやイーストウッドになれる男なんてほとんどいないと思う。そういう意味でこのダメ亭主、ダメなまんまでいられる事がある意味羨ましい(笑)

悪い言い方をすれば幼稚の極みですよね。なんというか「真面目に幼稚」。もう尋常じゃないから世間の諸事に耐えきれず、自滅の道を歩むしかないみたいな・・・友達にいたらかなりイヤかも(笑)。
映画自体は、私は好きです。黒い夫婦。陰鬱で○。

いまさらですが、ようやく見てきました。
ブランデーグラスさんの言っているように、男の本質は結構あんなもんだと思いますよ。
太宰本人をモデルにした死にたがりの作家には結構共感。
かつて人間失格や斜陽を読んでいた頃の自分を思い出しました。
「真面目に幼稚」って、かなり的確に男の本質をついている表現だと思います。

映画は、太宰治の世界を結構上手く表現していてなかなかよかったですね。

良くできてますよね、この映画。私が言うのもおこがましいですが。
そうですか~突けてましたか、男の本質(笑)。っていうか、私もどっちかっていうと、この作品に登場する女2人より、死にたがりの男の方に共感できてしまったタイプなので。中身おっさんってことでしょうか・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524658/31783193

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』:

« 『リミッツ・オブ・コントロール』 | トップページ | ナマ大森南朋はえらくカッコよかった »