2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« サザエさん | トップページ | 八丈島にいます »

2009年8月31日 (月)

『女の子ものがたり』

~武者求む~

とっても可愛らしいタイトルの『女の子ものがたり』。男ひとりで劇場に行ってご覧になったという方。いらっしゃいましたら、チケットを買う時の若干の緊張感と、映画の感想を聞かせてください。

非常にひじょうに見応えがあります。私はそのタイトルの可愛さに惹かれて見に行ったはずもなく。朝の「目○ましテレビ」を偶然見ていた時に、インタビューに訪ねていった元お天気お姉さんのウサギのような愛ちゃんに向かって、「あなた、やっとやりたい仕事ができるようになったんだから、どんな手を使ってでも手放しちゃダメよ」と凄んでいた原作者の西原理恵子さんに痛く感銘を受け、彼女の自叙伝的作品の映画化なら見に行かねば!と劇場へ馳せ参じた次第にございます。

スランプに陥った漫画家が、少女時代を回想するというストーリー展開なのですが、とりわけ高校時代が素晴らしいです。

子どもの頃の友達って、仲良しだけど「なんか嫌いッ」「この野郎」って思ってませんでした?(←私が性格悪いだけか?)けど、実は自分にとって唯一無二の存在であることに気がつくのは、ずっと大人になってからだったりする。そういうことを思い出させてくれる映画です。

また、西原さんってこんな風に、子どもの頃から自分や周囲を客観的に眺めていたから今があるのかしら、と考えさせられたりもします。とにかく、一見の価値アリ。

Om_bnr240x75

« サザエさん | トップページ | 八丈島にいます »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

俺、あさって観に行こうと思ってるよ。1人で。感想後日お話ししますわ。
西原理恵子は恨ミシュランの頃からファンなんだよね。本当はまあじゃんほうろうきの頃からなんだけど誰も知らんと思うので。
最近読んだ、この世で一番大事な「カネ」の話し、結構売れてると思うんだけどリアルで面白かったよ。

実は男ふたりで「女の子ものがたり2枚。最後列の通路側で」っていう方がハイレベルかもしれませんね。

西原さんって、映画でも「こんな町ありえへんわ~」っていうとんでもない境遇で育った人になってましたけど(ブランデーグラスさん的にはお里の香りがしたりして?)、実生活はもっとハードボイルドみたいですね…。感想楽しみにしてます。わりと泣けます。

今日観てきたよ。ロケ地が俺の故郷の愛媛県だったじゃないの!本当に俺の故郷の昔の風景とほとんど同じだったよ。実際西原さんは高知の猟師町の生まれなんだけどね。
友人へのいろんな思いが田舎という環境と相まってるとこ、とても共感したよ。都会の人が観た感想とはまた違うんじゃないかな。俺が田舎にいたあの頃、何もない風景や超貧乏な家やどうしようもない不良が当たり前の環境だったもんな。

懐かしくてせつない映画でした。

「俺のアルマーニちゃんがぁ!」ってあたり、懐かしかったですか?(笑)
女の子同士の友情も切ないんですよね。きーちゃん。終盤、風吹ジュンの暮らし向きが妙に良くなってたところから推測するに、きっと出戻って親孝行しはったんやな~、ええ子やな~と思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524658/31176424

この記事へのトラックバック一覧です: 『女の子ものがたり』:

« サザエさん | トップページ | 八丈島にいます »