2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『愛を読むひと』 | トップページ | 『人生に乾杯!』 »

2009年6月27日 (土)

『それでも恋するバルセロナ』

~美女に囲まれたハビたんがキュート~

久しぶりに劇場で声をたてて笑いましたよ、『それでも恋するバルセロナ』。

何をするにも慎重で婚約者もいるヴィッキーと、いつまでもフラフラ“自分探し”をしている恋愛体質のクリスティーナは親友同士。アメリカから、ひと夏を過ごすためにバルセロナにやって来て、女たらしで画家の色男(←ダメ男)にまんまと揃って熱を上げる。終いには男の元妻まで登場して、そら、どうするよ?という話なんですが・・・。

まず、色んな人が言うでしょうけど、キャスティングが贅沢!

ひょいっと色男の家に転がり込んじゃう尻軽、もとい、自由奔放なクリスティーナに役柄ドンピシャのスカーレット・ヨハンソン。激情的でコワイけど、とんでもなく魅力的な元妻にペネロペ・クルス。双方はまりすぎです。そして、両手に花どころか、“両腕に女神さまheart01状態の色男がハビエル・バルデムですよ。『ノーカントリー』(⇒ブログ内日記はこちら)では、こんなだったのに・・・↓Photo

おかっぱ

あの“おかっぱ頭の殺人鬼”姿が基準になると、ものすんごくセクシーでイイ男に見えるから不思議です。実生活でも問答無用の美女ペネロペとくっついちゃったし。

しかし、シニカルですね~、ウディ・アレン監督は。ひと夏の恋のドタバタを描きながら、アメリカ女2人の“着地点”は“出発点”と変わってないの。「好きじゃないモノは分かるけど、好きなモノは分からない」というクリスティーナは、どこまでいっても欲求不満でフラフラしてるし(分かる分かる)、慎重でプラン通りの人生を歩んでいるヴィッキーは、そんな自分でいいの?!って危うくイタい勘違い女になりかける(これも分かる、分かる)けど、結局変われないし。元妻はエキセントリック過ぎてもはや理解不能だし。そんな女の愚かな部分を、愛情込めて(?)軽やかな笑いに変えるという、これは並みのオッサン監督にはできない芸当です。

私的には、マリリン・モンローの系譜を継ぐ白肌ムッチリ系のスカヨハと、ラテンの太陽エロス全開のペネロペの絡みを拝めるだけで、見る価値アリ、と思います。(←無茶苦茶オヤジなコメント・・・)

もちろん、ハビたんの色男っぷりも必見。前はこんな姿↓で屠殺用エアガンを携行しておりましたが、今回は目ヂカラで勝負です。

Photo_2

←こんな姿。本日2回目

あと、地味な役回りですが、一般女子が最も感情移入できるヴィッキーという役柄が存在すること自体に、この映画の脚本の妙があるのでは。

« 『愛を読むひと』 | トップページ | 『人生に乾杯!』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『愛を読むひと』 | トップページ | 『人生に乾杯!』 »