2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『ウェディング・ベルを鳴らせ!』 | トップページ | 『四川のうた』(たまには真面目に) »

2009年5月17日 (日)

『天使と悪魔』

~今度は中国でもOKですか?~

3年前のヒット作『ダ・ヴィンチ・コード』の続編として封切られた『天使と悪魔』を観て来ました。

物議を醸した前作に比べ、わりと大人しめに公開された感のある今作。娯楽性だけに触れれば、断然レベルアップしていると思います。スピード感溢れる展開と“分かりやすさ”。これ、ここです。分かりやすさ。『ダ・ヴィンチ・コード』を見て頭「???」だった人も、「ちょっと映画行こうぜ!」と家族・友人を連れて行って横で眠られる心配もない。大丈夫かと思います、はい。

でも、十字軍やテンプル騎士団の伝説、シオン修道会やフリーメーソン等々の秘密結社ばなしにゾクゾクする性質の自分は、『ダ・ヴィンチ・コード』の方が楽しめました。みぞおち辺りがヒヤッとする感覚がたまりまへん。小説読みたいっす。

ところでところで。2006年5月に中国でも公開され、大ヒットを記録していた『ダ・ヴィンチ・コード』。確か突然、当局からの通達一枚で(一旦承認したにもかかわらず)上映が打ち切られ、観に行きたかったのに悔しい思いをした記憶が。←「中国語で見て分かったんか」っちゅうツッコミ、いただきました。

外国からの影響を排除するため、基本的に中国共産党公認の教会しか認められず、本来ローマ教皇の特権である司教の選任等も独自に行っちゃってる中国(誤認があったらゴメンナサイ)。そのため、ヴァチカンとは国交が断絶しております。しかし意外とカトリック教徒も多い国なので、仲直りの“落としどころ”を探っている最中にあの映画はまずかったのかなあ~とも思いますが。まあ、表向きは「国産映画の促進のため」となっており、本当の理由はわかりません

『天使と悪魔』は中国本土でも上映されるんでしょうか??今のところネット上で、そのようなニュースは見つけられないんですが・・・。気合い入れて探してないだけ?(「トム・ハンクスのマッスルはなかなかだgood」とかいう、どうでもいい記事は読んだ)現地の方、また教えてくだされませ。

ダ・ヴィンチ・コード [DVD] DVD ダ・ヴィンチ・コード [DVD]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2009/04/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 『ウェディング・ベルを鳴らせ!』 | トップページ | 『四川のうた』(たまには真面目に) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ウェディング・ベルを鳴らせ!』 | トップページ | 『四川のうた』(たまには真面目に) »