2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『グラン・トリノ』 | トップページ | 連休に引きこもる理由 »

2009年5月 2日 (土)

『新宿インシデント』

~姉さん、事件です!(←ちょっと古かった?)~

「イーストウッド作品の哀しさは日付を越える」と書きましたが。私、嘘をつきました。『グラン・トリノ』で流した涙は、続けてみたコイツ⇒『新宿インシデント』に吹き散らされてしまいました。

けなしてるんじゃないんです、ないんですが・・・

中国人のヒーロー、ジャッキー先生が大変です!

いくら問題発言して叩かれようとも、ジャッキー先生はユーモア溢れるヒーローだったはずなのにぃ~crying

こんなダークな(かなりVシネ入ってるし)ジャッキー・チェン映画は観たことない!ストーリー展開が強引なのは香港映画では当たり前。けど、女を買い、犯罪に手を染め、下水にまみれて走るジャッキー先生の姿は、結構な衝撃度です。中国で上映禁止になったのも納得のエグさだし。

え~っ、新宿って、歌舞伎町って、こんなにハードなんっすか?(←関西人なもので)

確かに、日本で不法滞在やイケナイことをやってる中国人の話はよく聞きますが。黒いところの詳細については、もっと調べてからでないとコメントできまへんな。

しかし、昨年亡くなられた峰岸徹さんはじめ、長門裕之、加藤雅也(やっぱこの人は関西弁がいいね!)ら日本側出演陣がすごい!時代は進んだ、と思いました。だって、かなり過激な暴力映画になっていますが、日本人と中国人をどっちが善、どっちが悪とすっぱり分けずに敏感に作っている。その気の使い方は、スクリーンに登場する豪華メンバーの顔ぶれを観てもうかがい知ることができます。これからますます、こんな風に国境・エリアを取り払ったアジア合作映画が作られていくのかしら・・・。

そうそう、忘れてはならない!もちろんジャッキー先生っぽいアクションも有り。でも、それを一緒にこなすのが竹中直人っていうセレクト、外国人監督ならではじゃないでしょうか。

最後に一言。「を見るのが苦手な人は、ぜーったい観ない方がいい

« 『グラン・トリノ』 | トップページ | 連休に引きこもる理由 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『グラン・トリノ』 | トップページ | 連休に引きこもる理由 »