2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『麦の穂をゆらす風』 | トップページ | “帝政ロシア”を匂ってみる »

2009年4月12日 (日)

『レッドクリフ PartⅡ』

~赤壁(下)~

タイトル、中国版はこの上なくシンプルである『レッドクリフ PartⅡ 』。日本でも「赤壁」でやるわけにゃいかんかったんかしら?なんか英語だとスタローンが出てきそうで・・・(←たぶん「クリフハンガー」がちらついてる)。

中国では一部で、海外配給時のタイトルを「レッドクリフ」と英訳することに反発があったそう。中国が誇る赤壁の物語は、中国語発音の「ChiBi」でやれ、と(ガイジンが分かるかいっpunch)。

いや~堪能した、堪能した、チャン・フォンイー(=曹操さん)。望まれれば嫁ぐ(←ぜったいにない)。久々にポップコーン食べながら映画観て、幸せでした。やっぱあの腹黒いオッサン、最高だわheart01。カリスマ性があってパワフルなのに、どうも女の手のひらで転がされてしまう御茶目なキャラは、ジョン・ウー監督、名作『さらば、我が愛~覇王別姫』でのイメージ流用ですが、・・・って、どうでもいい事を書いていたら、テレビの日曜洋画劇場で「Part Ⅰ」が始まりました(地上波登場、はやっ。しかし、結構エグイけど、子ども見てもOKなん?)。キャーまた曹操heart04

思わず恋文が長くなってしまいました。背後に聞こえる「PartⅠ」の猛者たちの大見得が気になるところですが、「PartⅡ」の感想を。

クライマックス近く。周瑜×曹操で銃と銃、もとい剣と剣を突きつけ合うお馴染みのシーンが登場してから後は、もう、これ香港ノワールだったかしら?ってな具合に、まさにジョン・ウー的世界、『男たちの挽歌』にしか見えませんっ!

男クサー。3affef171e9f7860_2 ま、そこが愛すべきところなんすけど。

私的ジョン・ウーの入門書となった「ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌」(92年)の一幕。 なんと15年以上前から、同じジョン・ウー作品で同じよーなポーズをとっているトニー・レオンさん。香港スターは息が長い。っていうか、香港映画界、次期スター不足?

~地味に決意表明~

最近、職場で「変態」という立派な称号をいただきました。ヘンタイなんてまだまだ恐れ多いので、せめて「オタク」にしていただけるよう、日々益々精進していく所存です。

« 『麦の穂をゆらす風』 | トップページ | “帝政ロシア”を匂ってみる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『麦の穂をゆらす風』 | トップページ | “帝政ロシア”を匂ってみる »