2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

『太陽がいっぱい』

~そして、映画を俳優で選ぶ母~

自分が映画を好きになったのは、母の影響が大きいです。

といっても、母はしょっちゅう劇場に連れて行ってくれるような“映画通”ではなく(まあ、和歌山なんでそんな劇場自体なかったけど)、とにかく好みの男性が出てる映画を、レンタルビデオやTV放映で繰り返し観る。そんなわけで、数十回と付き合わされた映画が『インディ・ジョーンズ』シリーズと、『タワーリング・インフェルノ』。時々『ダーディハリー』。

精悍なお猿さん系ヒーローが好みなのだな・・・。子ども心に、小柄でフィリピンマフィア系の父(現在は歳を重ね、なぜか北大路欣也系に変貌を遂げた)との婚姻生活を心配した記憶があります。

そんな“母が愛する男たち”のうち、珍しくお猿さん系とは外れたタイプで、私が出演作を一度も観たことなかったのがアラン・ドロンでした。超ベーシックなのに。んで、今更ですが、初めて名作といわれる『太陽がいっぱい』を観てみました。

結果、アラン・ドロンはちっとも素敵だと思いませんでした。母よ、あなたとはやはり好みが異なるようだ。確かにハンサムなんですけど、自分は生理的にダメで。私が将来(そんな悠長なこと言ってられる年齢ではないが・・・)結婚相手を連れて帰るとしたら、どっちかというとフィリピンマフィア系な気がするので、覚悟しておいてください。

『太陽がいっぱい』自体は、昨今の感覚で楽しませる、TV的映画に慣れすぎてしまったせいか、単調に感じて途中寝てしまった自分が悲しかった。なんか、もっと昔の名作や古典作品を観ようと思わされました。ただ、音楽が本当にステキ。音楽がこれほど後々まで残る作品って最近無いじゃないですか。やはり、“メロディーがシンプル”、これだと思います。簡単そうで実は一番難しいのでは。

アラン・ドロンって、ちょっと前に「ビストロSMAP」に出ていましたね(ひたすら本場のブイヤベースの味にこだわっていた)。現在73歳。若々しさの秘訣を聞かれ、「いつも恋人をつくっておくことだよ」と答えていたダンディな老人は、『太陽がいっぱい』の頃より数段格好いいと思いました。

ちなみに、母はいま大河ドラマ「篤姫」で堺雅人にはまり、紀州で彼の出演作をくまなくチェックしている。

太陽がいっぱい [DVD] DVD 太陽がいっぱい [DVD]

販売元:パイオニアLDC
発売日:2002/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年4月23日 (木)

『スラムドッグ$ミリオネア』

~09年観た中の暫定№1!~

このところ、タラッタラとくだらないブログを書きがちでしたが、

とりあえず暇があるなら観とこう。

以上。

・・・といいつつ、やはり一言。確かにピュアで幸せになれる映画。色んな著名人もチラシ等にそんなコメントを寄せています。しかし、中国でも様々な子どもの物乞いに嫌というほど出会いましたが、世界にはどうすることもできない境遇にいるこんな子達が無数に存在することを、改めて突きつけられた気も。決して幸せな映画じゃない。

2009年4月22日 (水)

『レイチェルの結婚』

~家族と分かり合うことが最も難しい~

久々に映画を観て泣き疲れました。昨晩は遅ればせながら『おくりびと』(←やっぱり広末涼子が受けつけない・・・)を観て、涙腺が緩んでおったからでしょうか。『レイチェルの結婚』。兎に角、中盤からダラ~ンと涙ハナ汁垂れ流し状態で、いつもほぼスッピンである我が顔面に感謝したほど。ただ、誰しも泣いてしまう作品というわけではないかも。個人的にツボだったってだけで。

舞台は米国北東部のコネチカット州。主人公のキムは、麻薬の常習(たぶん他にも悪事やってる)で入れられた施設を退院し、近々結婚する姉レイチェルがいる家族のもとへ帰ります。米国の結婚式は、ドレスの準備からパーティーまで、一切合切、手作りが主流。姉やそのフィアンセ、友人らは式の準備にてんやわんや。そんな家にキムはなかなか溶け込めない。また、ギクシャクする家族とのやり取りの中で、人一倍繊細で脆い彼女が背負う過去の悲劇も徐々に明らかにされていく。

実際の米国の崩壊家庭をビデオカメラで記録したような緊迫感です。この作品に限らず、家族というのは近すぎて、たとえ決定的な亀裂が生じてしまったとしても、気付かないフリをして平穏な家庭であろうとする傾向がある、また、その必要があると感じます。“鯛の塩釜焼き”みたいに叩けばすぐ割れるのに、何かで覆い固めずにはおれない厄介な絆。

同作の結婚式は、何故だか分かりませんが介添人の衣装がインドのサリーだったり、ウエディングケーキが“青いインド象(!?)”型の一風変わったシロモノであったり、ファンキーなおっさんがギター演奏したりと、なんとも多民族的。新郎の顔が広いのか、お祝いに集る人々も黒人にアジア系、人種も職業もまちまちで、米国らしさを感じさせる。しかししかし、素晴らしい式にするため、こんな多様な人々が力を合わせて頑張っているというのに、一番のボトルネックは家族問題というところが、この映画のリアルで愛しいところです。

監督のジョナサン・デミは『羊たちの沈黙』(←超超好き)や『フィラデルフィア』で有名ですが、登場人物の心理をグッサリえぐる演出に非常に長けている(偉そうですんません・・・)。特に、『羊たち~』で“人食いレクター博士”が面会に来た女性FBI捜査官に向かって「高価なバックに安物の靴。田舎から苦労して出てきた野心家だね」と指摘するシーン。イタイところを突かれたこの捜査官を演じるジョディ・フォスターの表情が、15年近く(うおぅっsweat02)経った今でも忘れられない。

羊たちの沈黙 (特別編) [DVD] 羊たちの沈黙 (特別編) [DVD]

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2008/10/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

フィラデルフィア デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD] フィラデルフィア デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年4月20日 (月)

もそっと南下してみましょう

「ひとり旧社会主義キャンペーン」第3弾。

ロシアよりちょっと南のぬくぬくした空気も良いではないか。

というわけで、良質の乳酸菌を求め、カレッタ汐留にある「洋食ブルガリアンダイニング ソフィア」でご飯をする(日本人の少ない外国で「日本料理 東京」ってネーミングしちゃうノリ?)。このところ旧社会主義国色に染まっているが、とくに「赤旗」とか購読してません

なお、見た目はわりとフツーの洋食だったこともあり、写真撮影は行っていない(というか、飲食店で料理の写真を撮るのは個人的にこっぱずかしくて苦手なので、今後も行わない見通し)。が、料理すべてにほのかな酸味が効いていて、お腹によさげです。

店構えは、以前東欧で入った落ち着いたレストランのムードそのまま。店員さんも親切で、ワインの産地を大きなブルガリア地図までひきずり出して来て説明してくれました。お茶目ででっかいブルガリア人(たぶん。これでイタリア人だったりしたら詐欺)のオジサンも何かと気を使ってくれるので、サービス料10%も特に惜しくはない感じ。

そんな黒海沿岸ヨーロピアンムード満開の温かなお店ですが、入り口を入るとアノ人のパネルが真正面からドスコイお出迎えしてくれます。

アノ人↓

Photo_2

明治乳業HPより

料理に使ってるのもやっぱり「明治ブルガリアヨーグルト」なのかなあ。だったらありがたみ3割減。 学生の時、北京の内蒙古料理屋で「モンゴル風・粟シリアルのヨーグルトがけ」を頼んだら、隣の売店からそれはそれは普通の1パック15円ヨーグルトを買ってきて使っているのを目撃し、ドン引きした記憶あり。

『太陽に灼かれて』

~そして髭のおじさんの時代へ~

19世紀ロシアの絵画を堪能したハナシは前に書いたとおり。思いのほか気に入ったので、絵画で表現されていたような陽光たっぷりの空と森と川辺、また人々が集って歌い踊る優雅なお屋敷のお茶の時間などを、とても美しく映像化した露=仏映画『太陽に灼かれて』を観なおしてみた。

スターリンによる大粛清が過激さを増してきた1936年の夏。

ロシア革命の英雄であるコトフ大佐(ニキータ・ミハルコフ監督自ら演じる。上手い!)は、若い妻マルーシャと可愛い娘(監督の実の娘)とともに、都市部の血腥さから遠く離れた田舎の避暑地で過ごしていました。そこへ突如、10年前に姿を消した妻の元恋人ドミトリが姿を現します。

実はこの男、スターリンの粛清を実行する秘密警察NKVD(KGBの前身)の一員。なんとなく、男が現れた目的を察知するコトフ大佐。10年前にマルーシャと引き裂かれてドミトリが姿を消した真相と大佐の関与、女をめぐる2人の男の微妙な心理、パパ大好き&“ドミトリおじさん”にも懐く幼い娘の天真爛漫な可愛さが、終始とっても美しく、穏やかに描かれます。

そんなロシア絵画に命を吹き込んだような映像に、言い現し難い恐怖の予兆を与えてくるのが、タイトルにもある“太陽”、つまりスターリンなんですね(あくまで推測ですが)。終盤、のどかな田園から場違いも甚だしくぬお~っと浮かび上がって来るオレンジの気球と、それに吊り下げられた巨大なスターリンの肖像画。実際にはあり得ない構図。「こいつに灼きつくされるのか」と、観る者の背筋を寒くします。

一説によると、1937~38年の間に約134万5,000人が捕らえられて有罪にされ、その半数が死刑判決を受けたそう(日本人も十数名は粛清されている)。はっきり言って、有罪とされたことに明確な理由はなかったのでしょう。独裁者となった人間の反対派抹殺にかける執念。いやはや、恐ろしい。その時代に生きざるを得なかった人々の過酷な運命は、我々の想像を絶します。

絵画展と合わせて、来るG.W.、Bunkamura→渋谷TSUTAYA(ほかでレンタルしてるか疑問なんで)とロシア三昧するのは如何でしょう?(ただ、デートには不向き)Svwkccvgi

1994年のカンヌ審査員特別グランプリ受賞作。その年のパルム・ドールは、くっだらない話を繋ぎ合わせたら傑作になっちゃった『パルプ・フィクション』(劇中「fuck!」登場回数265回なんだってよ)だったので、カンヌって懐深いっす。

2009年4月18日 (土)

“帝政ロシア”を匂ってみる

駅で広告看板を目にして以来、絶対惚れてしまいそうな予感がしていました。今月4日から、国立トレチャコフ美術館展「忘れえぬロシア」が渋谷Bunkamuraで開催されています。

19世紀後半。クリミア戦争に敗れ、自国の後進性を思い知らされたロシアが近代化を進めていく。農奴解放(1861年)からロシア革命(1917年)に至るまで、変貌するロシアの人々の生活や自然を描写するリアリズムを追求した作品が主ではありますが、次第に印象派への移行も匂わせていく、そんな変遷をうかがい知ることができる75点の展示です。

良いですね~。もともとモネとかセザンヌとか、割と華やかな絵画に興味は無く、レンブラントやフェルメールのような影や闇を上手く使った画家の作品が好きなのですが(っていうか、阿蘭陀ピンポイントやん)、ロシアは“心の闇”の方を表現しており、大変好みです。

最近流行りのドストエフスキーなど、ロシアのリアリズム文学に通じる社会の矛盾や貧困問題、人間の精神の病理などをぐぐぐっと考察し、見る者に訴えかけようとする深さがたまりません。

しかししかし、決して重苦しいタッチの作品群ではありません。とりわけ冬や、晩秋の風景画が美しいです。キャンバスの半分以上が空(寒そう系)。そして延々と続く道。たとえ花々や陽の光を描いても、どこかヘンタイちっくな美しさがツボです。やっぱし陰鬱な北の曇り空って好きだわup

ちょっとパンダさん、さっきあげたポストカード持ってきて!

Sn390122_3 

2009年4月12日 (日)

『レッドクリフ PartⅡ』

~赤壁(下)~

タイトル、中国版はこの上なくシンプルである『レッドクリフ PartⅡ 』。日本でも「赤壁」でやるわけにゃいかんかったんかしら?なんか英語だとスタローンが出てきそうで・・・(←たぶん「クリフハンガー」がちらついてる)。

中国では一部で、海外配給時のタイトルを「レッドクリフ」と英訳することに反発があったそう。中国が誇る赤壁の物語は、中国語発音の「ChiBi」でやれ、と(ガイジンが分かるかいっpunch)。

いや~堪能した、堪能した、チャン・フォンイー(=曹操さん)。望まれれば嫁ぐ(←ぜったいにない)。久々にポップコーン食べながら映画観て、幸せでした。やっぱあの腹黒いオッサン、最高だわheart01。カリスマ性があってパワフルなのに、どうも女の手のひらで転がされてしまう御茶目なキャラは、ジョン・ウー監督、名作『さらば、我が愛~覇王別姫』でのイメージ流用ですが、・・・って、どうでもいい事を書いていたら、テレビの日曜洋画劇場で「Part Ⅰ」が始まりました(地上波登場、はやっ。しかし、結構エグイけど、子ども見てもOKなん?)。キャーまた曹操heart04

思わず恋文が長くなってしまいました。背後に聞こえる「PartⅠ」の猛者たちの大見得が気になるところですが、「PartⅡ」の感想を。

クライマックス近く。周瑜×曹操で銃と銃、もとい剣と剣を突きつけ合うお馴染みのシーンが登場してから後は、もう、これ香港ノワールだったかしら?ってな具合に、まさにジョン・ウー的世界、『男たちの挽歌』にしか見えませんっ!

男クサー。3affef171e9f7860_2 ま、そこが愛すべきところなんすけど。

私的ジョン・ウーの入門書となった「ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌」(92年)の一幕。 なんと15年以上前から、同じジョン・ウー作品で同じよーなポーズをとっているトニー・レオンさん。香港スターは息が長い。っていうか、香港映画界、次期スター不足?

~地味に決意表明~

最近、職場で「変態」という立派な称号をいただきました。ヘンタイなんてまだまだ恐れ多いので、せめて「オタク」にしていただけるよう、日々益々精進していく所存です。

2009年4月 5日 (日)

『麦の穂をゆらす風』

~偉大なる島国~

私は右翼じゃありません。ので、サブタイトルも日本のことではありません。(もちろん日本は素敵です)

2006年のカンヌでパルムドールを受賞した『麦の穂をゆらす風』をDVD鑑賞。詳しくあらすじを紹介すると複雑かつ長文になること必至なので、興味のある方は公式サイトをご覧下さい。

第一次世界大戦が終わり、数年がたったアイルランド南部。英国から送り込まれた治安警察補助部隊“ブラック・アンド・タンズ”の凶悪な弾圧・暴行に反撃するアイルランド義勇軍(のちにアイルランド共和軍IRAとなる)のメンバーとなった兄弟の悲劇を描いています。

700年間英国の支配に堪え忍んだ小国の苦渋。いやー、やるせないんですよ、観ていると。どうしてこの人々がこんなツライ目に遭わなくてはいけないのぉ?と、悔し涙がながれますsweat02うちのアイリッシュ友はなんかちょっとシニカルで、変テコな具合に肝っ玉が大きいんですが、その特徴もかなり納得。おまけに土壌にも恵まれないから農耕にも向かず、ここの食事はジャガイモが主役。「イモがあれば大丈夫っしょ」とサバイバル能力もとても高そうな人々なのです。

世界中には、もっと住みよい土地を求めて海の向こうへと漕ぎ出したアイルランド移民の子孫達が無数に活躍しています。(ちなみに、本国のアイルランド人より、海外に暮らすアイルランド人の方が多いらしいし・・・)“アイルランド系アメリカ人”とかで検索かけてみると、その錚々たるメンメンに驚きますよ。

幸か不幸か、日本は小国ながら内的にも外的にも環境要因に恵まれ、海外に新天地を求める必要はありませんでした(とち狂った時期があったものの)。どっちがグローバルか?ってったら、「もう聞かんといたって下さい」って感じですが、まあ、同じ島国でも違うものです。

アイルランド関連でもう1作。興味のある方はロバート・J・フラハティという人が撮った1934年の作品『Man of Aran』を観てみてください。アイルランドの西にあるオール石灰質の岩でできた小さな小さな島・アラン(漁師さん御用達アランセーター発祥の地!)。厳しい、もうほんっとに厳しい環境下で逞しく生きる人々の生活を、ドキュメンタリー風に仕立てた力作です。もちろんモノクロ、ナレーションは一切無し。しかし、映像がすごいです。中国でも観れますよ、たぶん。私は北京でDVD買いましたから。

アラン [DVD] DVD アラン [DVD]

販売元:アイ・ヴィ・シー
発売日:2002/02/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション 麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2007/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

主演のキリアン・マーフィーさん。はじめ寄りで観たとき「えっ、主役この人?」って思います。だって、悪そうなんだもん。顔。→その後、『バットマン・ビギンズ』で敵役、そのほかテロリスト役等をやってキャリアアップされてると聞き、「そう思ったのは私だけじゃなかったんだ」とちょっと安心した。

TFJ

10年来のマブダチshine(←無形文化遺産的大和ことば)であるT嬢が北京から完全撤退・帰国した。早速春うららかなる休日の昼間から、神楽坂はフレンチレストランにて第1回カンファレンスを開催。

Kagurazakafrench

飯田橋駅から神楽坂通りをちょっと上がったところにあるお店。わたくしにとっては「オール前菜」の上品な盛り付けで供される日本のほかのレストランに比べ、わりと満足できるボリューム(結局、コース料理にさらに2皿追加したが)。テラス席が気持ち良い。真昼間から下ネタ・イヤ汁全開でお店の品位を下げていたとしたら、関係者の方々に深くお詫び申し上げたい。

ほどよくアルコールも分解したところで、外堀通りの桜を愛で、九段下→靖国通り→北の丸公園へとお散歩。日本武道館で行われていた某大学グループ入学式後の人込みに紛れ、そのまま皇居沿いを東京駅まで散策する。

入学式、桜、靖国、皇居、右翼ぐるま。

This is F○cking JAPAN!

私がガイジンさんなら、こう叫んで狂喜乱舞したかもしれない。

もう、パーフェクトっ!(『ラスト・サムライ』の渡辺謙さん風に願う)

Sakura_5    

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »