2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月29日 (月)

『英国王給仕人に乾杯!』

~小さいことはよいことだ~

チェコ映画『英国王給仕人に乾杯!』にやられました。オモシロ可笑しく、ほろ苦い。年末年始ヒマな方に熱烈推薦したい一本です。

老いた主人公ヤンが、共産主義体制下のプラハの刑務所を出獄し、ズデーデン地方(※世界史の教科書をご参照あれ)の廃村で若いころを回想するところから話はスタートします。

体の小さい青年ヤンは、「百万長者になってホテル王になる」というでっかい夢を持っていました。駅ホームのソーセージ売り→田舎町のホテルの見習い給仕→ユダヤ人が経営する別荘風ホテル(実は娼館)の使用人→プラハにある高級ホテルの給仕という具合に、ラッキーとアンラッキー紙一重のところで道が開けてどんどん人生のコマを進めていきます(その描き方がとてもとてもユーモラス)。ヤンをいつも導くのは、彼と同じく小さいユダヤ人ヴァルデンさん(ころっころの愛玩動物系おやじ)の言葉‐‐「お前は小さな男。小さな国の人間。それがお前の血だ。それを忘れなければ人生は美しくなる!」

やがて戦争の気配が濃厚になり、チェコはナチス・ドイツの保護領(※スロバキアは保護国となった)となります。そんな頃ヤンは、なんと自分より小さい(ここがポイント)ドイツ人女性と結婚。あげく優生学研究所で“優秀なドイツ人を生産する”ドイツ女たちの給仕人までやっちゃいながら、チェコの近代史を生き抜いていきます。なぜお縄になったのかは、書いてしまうとつまらないので・・・。

描かれている内容自体は結構重苦しいのですけど、とにかくユーモアのセンスが抜群。チェコといえばアニメやマリオネット人形劇が有名ですが、小国ゆえに周辺の強国と時代に翻弄された苦節をこういった娯楽やユーモアで支えてきたのだろうと思われます。同じく小国なのに「大日本帝国」なりと虚勢を張っていた日本とは根本から違ったんですね。

Gallery_5

作品の公式HPより。ちなみに「英国王」はどこにも登場しません。

チェコらしく、劇中、ジョッキになみなみ注がれるビールが幾度となく登場します。それはそれは美味そうです。チェコ人というと、朝から麦汁飲んでるイメージがあるのですが(勝手なイメージすぎます)、2007年の1人当たり年間ビール消費量は145リットルだったそうな。もちろん世界一(しかも15年連続)。ちなみに、日本は49リットルだそうなので、軽く2.9倍の麦汁を流し込んでる計算です。恐るべし・・・。(以上、キリンHD調べ)

2008年12月26日 (金)

パンダ祭。

中国出張から帰ってきました。

大人ばかりのグループに随行したため、連日毎度の食事の飲酒(さすがに朝は除く)で何気に消耗しました・・・。要人付きだったせいかもしれませんが、ビールではなく、供されたのはほとんど赤ワイン。フランス資本が入った天津発の王朝葡萄酒(ダイナスティ・ワイン)と現地ではお馴染み、山東省は煙台産の張裕葡萄酒がよく出ましたが、さっぱり飲みやすくてビックリ!とりわけ私のような下戸には、フランス産やイタリア産等々の洋物ワインよりもイケるかも、とちょっと感動いたしました。10年前には砂糖入りで飲めたモノではなかった中国ワイン(健康酒っぽかった)。驚くべき進歩です。

さてさて。中国には当然のことながら、愛すべきパンダグッズがいっぱいあります。日本の国会議事堂に当たる人民大会堂で開かれたパーティーでは、こんな素敵なパンダの箸置きが!

Cimg0661_3 

さすが国宝。国家領導(リーダー)がこれで食事を取っているのかと想像すると、ちょっと楽しい。

もう一丁パンダネタを。

北京オリンピックで有名になった「鳥の巣」。今は、1人50元(約660円)で内部を参観できます。観光客を迎えてくれるのは・・・

Cimg0642_2 

ビニールでできた着ぐるみってどうなんでしょう・・・。どうやら視界が利かないらしく、観光客の気配を察知すると、むやみに接近・突進してくるのでちょっとコワイ。

そういえば、滞在中につがいのパンダ2頭が台湾に贈られましたね。関係改善の証として。何はともあれパンダさんの中国政府に対する貢献度はとてつもなく大きいのでした。

2008年12月17日 (水)

大陸へ

この年の瀬に、クリスマス、年末ムードなんてぷぅって感じの中国へ参ります。もちろん、遊びになぞ行くはずもなく…。嗚呼
今晩から職場隣のホテルにつめ、明朝シュッタツ。軽くブルーの入った気持ちで水道橋高架下の居酒屋に入り、ササッと枝豆&手羽先を片付け、勘定を済ませて出ようとしたら、一人でタバコをふかしている姐さんが話かけてきた。「あたし、いつも此処で飲んでるから、また来て」。ひと言。
「お店の方ですか?」なんて野暮な突っ込みを入れたら地獄に落とされそうなオウラでした。これも一期一会ってやつかしら?独り居酒屋、なかなか楽し。

2008年12月 6日 (土)

デルタ

先月末に終わった東京フィルメックスで、イ○モツぎゅっと握られた的な印象の残り方をした映画が、クロージング作品の『デルタ』でした。

勝手に第4くらいの故郷だと思っているハンガリーの作品です。

物語の舞台はドナウ川のデルタ地帯。主人公の男性が、理由あって幼少時代に離れたきりだった村に戻り、初対面の妹と出会うところから始まります。そしてこの兄妹は川の真ん中に手作りの小屋を建て、一緒に暮らそうとするのですが、村の人々は2人の関係を疑って白い目でみるようになります。

人里離れたデルタの村。しかも、川の中で暮らそうってんですから、食べる物は自然、お魚さんになるわけで。主人公は川に網をしかけます。うりゃ!っと引き揚げてみると、気持ち悪いくらいの数の川魚が!(ドナウ・デルタは野鳥とお魚の楽園♪)そして、正しい田舎の暮らし方として、この兄妹も“おすそわけ”を実践します。村人たちを食事に招待し、焼き魚、パン、酒を振舞うのですが、状況は悲劇的な方向に・・・。と、ざっくりこんなストーリー。

今のところ日本公開の情報はないようですが、いつかやって欲しいという希望も込めて、内容を詳しくは申しません。けれど、人間の本能とか、野生とか、業とか、色んな凄まじいものを突きつけられるような作品でした。もう、後から出来たモラルとか倫理観は全然気にならない。

「近親相姦ですが、なにか?」

主人公らのそんな声が聞こえてくるようです。(←きません)

(当たり障りのない)印象的なシーンを挙げると、集った村人達の食べ汚さったら気持ちいいくらい!パンを「ただの物体」のようにひきちぎり、ばさーっ、ばさーっっ!と酒(たぶんウォッカ系)をふりかけて貪り喰う。中国映画でも、内陸の生活を描いた作品では随分とお上品でない描かれ方をしていますが、これほど嫌悪感を抱かせる食事シーンは記憶にないかも・・・。

まあ、兎にも角にも良い映画に違いないと思うので、どこかに配給して欲しいです!!

・・・あれ?そういえば。

ドナウ・デルタって、ハンガリーではなくてルーマニアと違ったっけ?NHK「世界遺産」に聞いてみたら、やっぱりそう言っている(→LINK)。でも、監督も出演者もハンガリーの人やし、言葉もマジャール語だった気がするし・・・。

ここへきて、根本的な疑問が沸いた。

この映画。いったい、どんな背景設定なんすか??

ご存知の方、おられましたら教えてください。。。

Cimg0278 オマケで、ドナウ・デルタを遡るとたどり着く“ドナウの真珠”ブダペスト。2度目のハンガリー旅行よりhorse

2008年12月 4日 (木)

父娘(おやこ)丼

久しぶりにお里の父に電話をした。

根無し草&行き当たりばったりな娘の近況報告が終わり、話題は、里で唯一の歓楽街(というほど栄えてもない)で呑み屋を営む中国人ママMさんの近況に。「こないだ、近所歩いてたらばったりMちゃんに会ってな~」・・・って父よ、素直に店に行ったと言え・・・。

Mさんは、もともと雑技団にいたという、それは華奢でお美しい御姐さん。人生山あり谷ありで苦労した末、日本の辺鄙な地方都市にたどり着き、手作り餃子が美味しいスナックをひとりで経営している。(←美貌も手伝ってそれなりに繁盛)

そんなMさんですが、今年の初めに故郷にマンションを買い、価格が急騰した北京オリンピック直前にささっと転売して結構なお金dollarを手にしたのだとか。そしてそして、父曰く「どうやら年間80万円か800万円くらいの利息が入ってくるらしいで。中国って金利ええんやなあ~」

ちょっとちょっと・・・。

結局、いくら儲かったのか、ぜんっぜん分からない。結構なお金って・・・。80万か800万って・・・。そこ、大事なところよ、お父ちゃん。

う~ん、とにかく「8(ハチ)!はち!dog」って犬かい!!曲がりなりにも、騙し騙し経済ニュースを書いていた過去がある私。そのへんの金額が知りたいのだわよ。どうせ10分もしたら記憶の闇に葬られるとしても(←健忘症の恐れアリ)。

しかし、中国の女性は逞しくて鋭いね。そのへんの金銭感覚というか、思い切りのよさというか。自分、何事も適当でどんぶり勘定すぎるので、爪の垢煎じて飲ませていただきたく思うのですが、やはり“どんぶり”な父の純血種っぷりを見せ付けられて生きてきたので、DNAレベルでもう改善は見込めないとも感じる今日この頃。

2008年12月 1日 (月)

個人的には純情きらり。

11月30日に閉幕した東京フィルメックスですが、先週28日に寺島進さん×西島秀俊さんのトークイベントを取材させていただきました。

そんなに邦画は詳しくないので、寺島さん=ファブリーズ。西島さんも『Dolls』と『海でのはなし。』くらいしか見てないので、頭の中では北京で毎朝欠かさチェックしていた(日本でこれやってる勤め人ってあまりおらんよ。時差1時間万歳)「純情きらり」のテーマ曲が絶えず流れていたのでありました。そんなんでごめんなさい・・・。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »