2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« おやっ? | トップページ | ライフ・イズ・パワフル »

2008年6月24日 (火)

理屈はあと

とりあえず好みheart01です。理屈はあとです。

暴力的だとか何とかは、あんた暗いよ変態だよとかはひとまず置いといて。どんより曇ったロンドンの空と東欧の香り。食べる、タバコ、飲む、タバコ、笑う、暴れる。西欧や米国舞台の作品からはにおってこない人間臭さ。惹かれるものは仕方ない。

世界中で活動するロシアン・マフィア。『イースタン・プロミス』は、彼らがロンドンで奴隷のように女性を扱う人身売買の実態を絡めたバイオレンス映画で、目を覆いたくなるようなシーンが満載(サウナでの全裸ファイト含む)。けど、登場人物それぞれの“生き場所”を求めるドラマだったり、いっそ現代ロシアの犯罪組織について調べたくなるとっかかりにしてしまえる、奥深い映画(個人的にそう思ってるだけ?)なのです。

しっかし何と言っても主演のヴィゴ・モーテンセンがカッコいい!『ロード・オブ・ザ・リング』三部作の勇者アラゴルンも素敵でしたが、今回はほんとロシアン・マフィアに見える(←賞賛してます)!鎧よりアルマーニだ!ご本人はデンマーク人と米国人の混血で、幼少期より世界各国転々とされたそうな。経験した文化の多様性というのは、人に深みと魅力を与えるものなのだなあと思いました。

↓この人。ちなみに、『イースタン・プロミス』の監督作。

 ヒストリー・オブ・バイオレンス ヒストリー・オブ・バイオレンス
販売元:ハピネット・オンライン
ハピネット・オンラインで詳細を確認する

« おやっ? | トップページ | ライフ・イズ・パワフル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524658/21851880

この記事へのトラックバック一覧です: 理屈はあと:

« おやっ? | トップページ | ライフ・イズ・パワフル »