2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 美しですな〜 | トップページ | 和歌山ファンのみなさん! »

2008年3月 2日 (日)

ちょっとの加齢臭と・・・

なんだかにおうタイトルですが、『ラスト、コーション』(原題『色・戒』)みたよ、という話です。もう二週間前の話だけれども。

えろいえろい、そればっかりやたらと話題に上っていた気がする同作。東京マラソンが行われた休日の日比谷(シャンテシネ、いつも良い映画かけますねgood)。朝イチの上映にもかかわらず(というか、むしろ朝イチだったから?)、壮年男性の異様な熱気が充満していました。章光101っぽい変った香り全開の2時間半。

それはおいといて。中国でも張愛玲原作のテレビドラマや映画をいくつか見ましたが、登場人物に「こんな友達いたら面倒かも」というタイプが多い気がします。分かりやすい善悪の区別がない、というのでしょうか。言い方を変えれば、非常に現実的な人間描写だと思います。

「ラスト、コーション」も、憎き“売国奴”トニー・レオンと、女スパイのタン・ウェイが、社会的な善悪かなんて途中から分からなくなって「戒」を忘れ「色」にのめり込んでいく話。愛国心に燃えるヒロインったって、結局スパイはスパイやもんな。また、最終的にタン・ウェイに起こった悲劇も、そもそもワン・リーホンの青い青いヒーロイズムが元凶だと思えますし。敵との許されざる愛、なんてすぱっと片付けられる分かり易いテーマではないですよね。

話題のえろいシーンもそんなにえろくないですよ。ぽこっと大胆にボカシ入ってたからかなあ(港台版や中国本土で売られている海賊版DVDなんかではボカシ入ってないんですか?知ってる方教えてくださいeye)。一番エロティックだったのはシーンそのものよりタン・ウェイの黒々したワキ毛だと思いますが・・・。中華圏の人々にとっては、原作が張愛玲で、ノスタルジックな上海&香港を再現していて、主演がトニー・レオンで、監督は今や華人の誇りアン・リーで、人気歌手ワン・リーホンが役者に本格チャレンジしていて、時代背景の理解も深くて・・・とヒットする要素がもともと満載なわけですが、日本で話題になるのは床シーンだけなのかもしれませんね。

それにしてもトニー・レオンって上手ですね~。Hがでなくて演技が。この人の憂鬱な表情はもう見飽きたと思っていたのですが、要所要所で感情の揺れを目で語り、観客に的確に伝えられる役者さんって稀だと思いました。

Photo

中国つながりということで、池袋にある中国料理屋・大宝(保湿クリームみたい?)で、懐かしの家常菜を食べたよ!という写真を割り込み!

NNAのNさん、東洋経済のSさん(ここまで書いたら名前書けよって感じですが)と、楽しい晩ご飯をいただきました。これもだいぶ前のおはなし・・・sweat02。書くの遅くて。

保定出身の笑顔が素敵なお姐さんがお給仕してくれました。火力が弱いせいか、干遍雲豆がちょっと瑞々しすぎる感じでしたが、ほぼ本場の味で美味しかった。3人でかなり食べましたね~。中国で4皿、とか普通完食しないです。感覚が日本の居酒屋サイズになってました。

« 美しですな〜 | トップページ | 和歌山ファンのみなさん! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524658/10870222

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとの加齢臭と・・・:

« 美しですな〜 | トップページ | 和歌山ファンのみなさん! »